シンプルライフに憧れる我は修行の身

出産育児が目の前に迫るアラサー主婦。シンプルライフに憧れる修行中のおこぼしブログ

つわりはつらい

つわりのはじまり

母はつわりが全く無く、姉もそこまで酷くなかったので、

私もてっきりつわりは無いかと思っていました。
私は自由業というか特殊な仕事先があるのですが、
そこのマスターに

妊娠したけどまだしばらくは来れますよ!
と余裕ぶっこいて宣言しておりました。が
速攻ダウン。
車で一時間以上かかることもあり、

つわりが落ち着くまでお休みさせてもらうことに…
つわりは遺伝とか関係なかった…

 

心拍を確認して貰えた6週目、

その頃からつわりは始まっていた…

かなり吐き気があり食欲を無くしていました。

母子手帳を貰いに市役所に行ったのですが、

気持ち悪すぎて何を言われたかいまいち覚えてません。゚(゚´ω`゚)゚。

 

私のつわり

私のつわりは所謂 吐き悪阻 でした。

吐き気が止まらない…でも元々吐くことが苦手で、

食べた物は吐くものか!といういやしさも持ち合わせていた私は、

吐きとうない!!

と嘔吐けども、頑なに吐きませんでした。

食べられるものもゼリーなど飲み物系…

それも日によって食べられる味が変わるというワガママつわり。

お腹も空かないし、

食べる気なんてこれっぽっちも無くなってしまった。

次第に料理番組を見るのも嫌に…

どんどん悪化していく悪阻に心折れそうでした。

匂いもダメになり、

ついに台所に立てなくなり、

食事作りを放棄し、

横たわる日々に突入…

 

外は真夏の季節、1歳目前の姪っ子より色白になっていました。

 

気晴らしに姉が訪問してくれたり、

少し調子がいい日は外に連れ出してくれたり

とても助けられました。

 

1人きりで寝てたらますます悪化しそうだった。

気持ち悪くて眠れないので日中もぐったり。

たまにミントのアロマをクンクンすると気分が和らいだけど

それもブームがある…

 

6月の終わりから、9月ごろまでつわりは続きました。

その頃の日記はほぼ、気持ち悪いしか書いていない?

後半は少しずつ食べれるようになったのですが、

なぜか名古屋飯ばかりが食べたくなるという

謎現象が起こっておりました。

量は食べられないんだけど

味噌煮込みうどんが最高に美味しかった…

 

もともとお肉を沢山蓄えていたこともあり

入院まではいかなかったのですが、

人生で1番痩せました。

悪阻ダイエット最強…?

どこが1番痩せたかといえば足。

筋力低下でたるんたるん。

飢餓状態から抜けてリバウンドを恐れたけど

そこまでリバウンドしなかったので助かりました…

 

つわり。それは終わりがあるとわかっていても

辛すぎて涙が出てくるものでした。

 

つわりが始まったばかりの人は

まずおパンツをマタニティにすることをオススメします!!

ブラは無し!!必要な場合はもうマタニティ用を導入しちゃいましょう!

私はそれで少し楽になりました…

あと抱き枕があると寝やすい!

無印マタニティおパンツブラ、抱き枕、ありがとう?

 

 

後日談

つわり真っ只中のとき

食べられそうなものをチョイスして買ってきてくれた物の中に、甘酒がありました。

一口飲んでオエッ!となってしまって飲めず…

未開封甘酒が冷蔵庫に二本残っていたのです。

もともと、甘酒は好きなのですが、つわりが治まってからもトラウマからか

甘酒を見るとなんと無く気持ち悪くなってしまい、飲めずに置いてありました。

でも賞味期限が気になりだした頃、思い切って一口飲んでみたら…

うまーー!!!

一気にトラウマ払拭しました。

一歩踏み出すって大事?